【2018】フードプロセッサー おすすめ人気比較ランキング【最新版】

フードプロセッサーとは、食材を「刻む」「すりつぶす」「切る・混ぜる」など、料理の下ごしらえを簡単にしてくれるとても便利な家電です。
最近トレンドとして「つぶす」「スライス・細切り」「おろす」「こねる」などもできる多機能なものが人気になっています。

 


 

 

ミキサー、ハンディーブレンダー、フードプロセッサー、ミルサーの違い
 

ミキサー(ブレンダー)

得意な調理法
固体→固体・液体・ペースト

食材を回転する刃により、細かく切り刻むことによって、スムージーやスープを作るときに活躍!
刃の回転時間を調節することで、粗目にも細かくすることが可能。
日本ではミキサー、世界的にはブレンダーと呼ばれています。

ハンディーブレンダー

得意な調理法
固体→固体・液体・ペースト

本体を手で持ち、食材に押し当てることで、混ぜたり刻んだりできます。食材を鍋やボウルに入れたまま使用できます。
アタッチメントを変えることで泡立ても可能!

フードプロセッサー

主な使い方
固体→固体・ペースト

主に、料理の下ごしらえ用の家電。ミンチやみじん切り、アタッチメント次第で、細切りやすりおろしなどもできます。
容量が大きく、刻む・する・混ぜるが得意なフードプロセッサーの特徴。

ミル

主な使い方
固体→粉末状

食材を電動ミルにて粉砕し、粉状にできます。
乾燥している食材(にぼし、コーヒー豆等)を粉砕するのにつかわれています。
コンパクトな製品が多く、収納スペースもあまり取らないのも特徴。

 


 

 

フードプロセッサー選び方のポイント
 

 ・容量で選ぶ 
食材を一度に加工できる量が「容量」によって決まってきます。
容量が大きくなるほど、サイズも大きくなり、設置・収納スペースも考えましょう。

 ・食洗機対応かどうか 
刃や容器を隅々まで洗うことが簡単にでき、とても簡単に片づけできます。
食洗機を使う家庭が多くなっている為、対応製品が多くなってきています。

 ・容器の種類 
ガラスの物が主流ですが、ステンレスなどの金属でできたものも発売されています。
ガラス:中を見ながら調理できるが重量がある。
金属:軽いが中の様子を確認しにくい。

 ・付加機能 
大根おろしや、ホイップ、氷・冷凍果物などの固い食材まで対応している製品もあります。

 


 

 


フードプロセッサー おすすめ人気比較ランキング【2018】
 

容量 500mL
素材 ステンレス
氷対応
食洗機対応
刃の素材 ステンレス
大きさ 21×25×16cm

とても静かなDCモータで毎分800回転から3000回転まで無段階にスピード調節ができるため、粗みじんから滑らかな練り仕上げまで思いのままに食材が仕上げられます。
軽量・頑丈・清潔なステンレス製ワークボウルと、2つのパーツが付属し、きざむ・する・まぜる・くだく・あわだてる・こねる・ひく・おろすの8役をこなします。
氷やハードチーズ、コーヒー豆などの固い食材から、山芋や納豆などの粘りのある食材など多様な食材に対応。

容量 400mL
素材 トライタン樹脂
氷対応
食洗機対応
刃の素材 ステンレス
大きさ 12×12×23cm
可愛らしい見た目が、出しっぱなしでも問題なし! みじん切りやミンチ、ペーストなど等はもちろん、市販の氷や凍らせた果物などの硬い食材も粉砕可能なため、スムージーやジェラートも楽しめます。 パワフルな4枚刃で、刻む・混ぜる・練る・潰す・砕く作業もアタッチメントを付け替える必要がなく、いつでも手軽に使えて便利! パールホワイト・パールピンク・パールイエローの3色展開も〇

4位:山善 フードプロセッサー YFA-200

¥1,904  2018/6/4現在


容量350mL
素材プラスチック
氷対応
食洗機対応
刃の素材ステンレス
大きさ18×10.5×13cm

本体重量800g、最大容量350mlと少量の調理に便利なコンパクトなタイプ。
きざむ、まぜるができて2000円を切るこの価格ですので、一人暮らしや、一度使ってみたかった方にピッタリ!
硬い食材、粘り気の強い食材には使用できません。

容量500g(ハンバーグのたね)
素材ガラス
氷対応
食洗機対応
刃の素材ブラックチタン
大きさ15.4×22.5×21.2cm

粗くおろせる鬼おろしカッター、硬度がチタンの約1.2倍のブラックハードチタンカッター、高速・あらびき・低速の「3段切り替えスイッチ」搭載!
きざむ、まぜる、する、おろす、粗くおろす、スライス・せん切り、パン生地練りと機能も満載。
コードリールも付いているので、収納も簡単便利。

容量 1900mL
素材 ポリカーボネート
氷対応
食洗機対応
刃の素材 ステンレス
大きさ 35×17.7×24.8cm
多機能で大容量1.9Lで、「切る・刻む」「こねる」「薄切り」「細切り」「おろし」の1台5役の調理が可能。 安全性も抜群で3段式安全構造で、完全にセットが出来ないと刃が回らない安全設計です。 生地捏ねも出来るハイパワー、耐熱温度120度強化プラスチック製、食器洗浄機対応の万能商品。 1000mlの小さいサイズもあり。

1位:TESCOM フードプロセッサー TK441

¥4,780  2018/6/4現在


容量500g(ハンバーグのたね)
素材ガラス
氷対応
食洗機対応
刃の素材チタンコーティング
大きさ21.5×26×17cm

付属品多数でなんでもできちゃう高コスパ商品。
みじん切りチタンカッター、粗目・細か目の両面おろし刃、ホイップ、円盤軸、掃除ブラシ、ヘラ、収納ケース、レシピブックと豊富。
TK440とTK441の違い
蓋:通気口(440)・水切り穴(441)
バター作りの記載の有無
大きな違いは蓋だけで、その他は同じですので、安い方が買い!

さいごに
 

サイズも大きいものからコンパクトなものまで、一重にフードプロセッサーと言っても、用途や価格によって様々なタイプがあります。
何に使いたいのか、頻度はどうかなど検討の上、ぜひ自分に合ったものを選ぶようにしてください。