【決定版】ドライブレコーダーおすすめ比較ランキング【2017年】

 


当たり前になりつつあるドライブレコーダーですが、各社ラインナップがとても充実し、比較検討するのが大変です。
どれにしたらいいかと迷っている方も多いと思います。
そこで今回は、2017年のドライブレコーダーおすすめ製品を比較しランキングにしてみました。

 


 

 

 


 

 

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーはイベントデータレコーダーとも呼ばれ、車載型の事故記録装置の一種です。
事故前後の映像と音声、車両の状態など記録してくれる情報を記録し、事故の際に確かな証拠能力を発揮してくれます。
「スキーバス転落事故」をきっかけに、貸し切りバスへのドライブレコーダーの設置が国土交通省により義務化されもしました。
自動車保険でも、ドライブレコーダーを搭載した車両は保険料が安くなる「ドライブレコーダー特約」というものも出てきており、より一層注目されてきています。

 

 


 

 

ドライブレコーダーの選び方

 画素数 
画質が悪いと、ナンバープレートが読めず、示談による解決、裁判の証拠に採用せれるのは難しくなります。

「フルHD」以上(207万3600画素以上)が基本です。画素数は画像の質に反映されるため、きちんと確認し購入しましょう。

 画角(水平視野角) 
水平視野角が狭いと、対向車が映らないことがあり、前方の車のみ記録されてしまいます。
水平画角が「108°」以上のものを選びたいところです。

 フレームレート(fps) 
1秒間に何回の画像が記録されるかの事です。
例で、20fpsだと20回/秒の画像が録画され、100kmの場合、1秒間に約27.7m進み、1回あたり約1.4mの間隔で記録されます。
時速100㎞で記録間隔が約1mとなる「27fps」以上を選ぶとよいです。

 駐車監視機能 
駐車・停車時に、車体に衝撃が加わりセンサーが検知することで録画を始める機能です。
こちらは、あればさらに安心というものですが、なるべくならついている方を選びましょう。

 

 


 

 


【決定版】ドライブレコーダーおすすめ比較ランキング【2017年】
 

8位:DBPOWER ドライブレコーダー

¥4,880  2017/11/13現在


 

解像度1920×1080(フルHD)
水平視野角120°
フレームレート 
駐車監視機能 〇

ループ録画に、衝撃を感知した時、上書きされないようにその映像を保護してくれるGセンサー機能、動体検知機能も付いているコンパクトなドライブレコーダー。
駐車監視モードもあり、駐車時も安心。

7位:ユピテル DRY-WiFiV3c

¥14,360  2017/11/13現在


解像度1920×1080(フルHD)
水平視野角100°
フレームレート30fps
駐車監視機能オプション

専用アプリを使い、再生、ダウンロード、本体操作、リモート操作ができるコンパクトで綺麗な動画が取れるモデル。
GPSも搭載で位置情報の記録ができ、付属の専用ビューアソフトを使えばパソコンで地図上の走行軌跡を表示可能。
バッテリー上がり、キー閉じこみなどの、クルマの事故・故障をサポートする、2,902円相当の『タイムズクラブロードサービス』が1年間無料でついてきます。

6位:PAPAGO GoSafe 30G

¥16,851  2017/11/13現在


解像度1920×1080(フルHD)
水平視野角108°
フレームレート60fps
駐車監視機能オプション

GPS内蔵の、オール・イン・ワンモデル。
カメラにて、
・車間距離が縮まれば警報が鳴る”前方衝突警告”
・速度制限標識を認識し速度超過していると警告が鳴る”速度制限標識警告”
・停車時に前方の自動車が発進すると警告が鳴る”出発遅延警告”
・明るさを判断しライト点灯を促す警告が鳴る”ライト点灯忘れ警告”
設定しておいた時間を経過すると休憩を促す警告が鳴る”ドライバー疲労警告”
などの機能も搭載。

5位:ケンウッド DRV-630

¥23,710  2017/11/13現在


解像度2560×1440
水平視野角102°
フレームレート27.5fps
駐車監視機能

フルハイビジョンの約1.8倍解像度であるWQHD、HDR搭載の高精細モデル。
より細かな映像の記録再生が可能で、文字もWQHDならクッキリ録画可能。
運転支援機能として
・前方衝突警告
・車線逸脱警告
・発進遅れ警告
・リフレッシュ通知
等の機能付き。
Gセンサーによるエコドライブを促す表示も特徴的。

4位:コムテック HDR-352GHP

¥9,671  2017/11/13現在


解像度1920×1080(フルHD)
水平視野角136°
フレームレート29fps
駐車監視機能

3年の保証付きで、事故時には2万円のお見舞い金補償サービス付の日本製ドライブレコーダー。
視野角168°の超広角レンズ、HDR/WDRで白飛びなしで綺麗なのはもちろん、レーダー探知機と繋がる相互通信対応。
コムテック製のレーダー探知機を使用しているならこちらに決まり!

3位:

¥7,999  2017/11/13現在


 

解像度 1920×1080(フルHD)
水平視野角170°
フレームレート 30fps
駐車監視機能 〇

マウントいらずのコンパクトフルHDドライブレコーダー。
マウントが不必要なのでスッキリ設置できます。
WI-FI機能搭載で、アプリから、再生、ダウンロード、本体操作が可能。
もちろん、Gセンサー搭載でファイルを保護や動体検出機能付きで万一の事故や駐車時も安心。

2位:PathingTek ドライブレコーダー

¥2,580  2017/11/13現在


解像度1920×1080(フルHD)
視野角140°
フレームレート30fps
駐車監視機能

ドライブレコーダーとして必要となる機能は一通り揃っていて、コスパ抜群!
さらに、動体を感知すると自動で録画を開始し、止まると撮影を停止する、モーションセンサー付き。
写りもなかなかよく、広角のレンズ。
前方と後方の両方につけても5,000円ちょっとと、かなりお買い得です。

1位:コムテック ドライブレコーダー ZDR-012

¥12,800  2017/11/13現在


 

解像度 1920×1080(フルHD)
水平視野角 109°
フレームレート 29fps
駐車監視機能 オプション
トヨタのメーカーオプション警察車両への採用実績のあるメーカー。 衝撃感度が良く、日中、夜間共にきれいに映り地デジとの干渉がなくコストパフォーマンスが高いモデル。 専用のビューワソフトでは、Gセンサーの情報等詳しく確認できます。

 


 

 

さいごに
 

無理な追い越しやあおり運転などの迷惑行為が近年問題になっています。
事故の時の証拠、確認のほかにもドライブレコーダーはその迷惑行為への抑止力にもなります。
また、観光の記録だったり、ドライブ映像をインターネットで配信したりするために用いられたりと、売り上げ台数は伸びてきています。
まだ使っていないという方は是非この機会に使用してみることをお勧めします。

 

コメントを残す

CAPTCHA